診療予約は
こちら

お問い合わせ・ご相談は気軽に

0285-80-1000

English Page Español Page

自費診療

緊急避妊薬とは

さまざまな要因によって望まない妊娠の可能性がある場合に時間内にできるだけ早く服用することで、緊急的に妊娠を避ける効果が期待できるお薬です。

緊急避妊薬・アフターピル(レボノルゲストレル)

当院では、365日診療の長所を活かし、時間的な制約が必要とされる緊急避妊薬を、厚生労働省の緊急避妊薬研修を修了した内科医より処方することが可能です。
性交渉後72時間以内(3日以内)に1錠内服します。
レボノルゲストレルは、24時間の服用で95%の避妊率。48時間で85%、72時間で58%です。時間がたつと効果が落ちるというよりは、排卵が起きる前までに飲むことが大切なのです。とにかく早めに飲みましょう。
72時間を超えてから服用してしまうと効果は大きく落ち込んでしまいますが、効果が全く得られないわけではありません。

費用

診察費【診察代+薬代+対面服用のペットボトル水】
自費:7,000円

ご不明な点がございましたら、当院までご連絡ください。

副作用

時に吐き気・頭痛・めまい・腹痛・乳房緊満感などが生じる場合もありますが、大抵の場合は24時間以内に消失します。

また、アフターピルは女性ホルモンのお薬のため、生理周期が少し不安定になります。
数日から1週間くらい、早まったり、遅れたりする可能性があります。
数日後に少量の出血をすることもあります。
もし3週間経過しても生理がこない場合は、妊娠していないかどうか確認が必要です。

アフターピル(緊急避妊ピル)が必要な場合

  • コンドームが破れたり、外れた場合
  • 低用量ピルの内服をしなかった場合
  • 下痢などによりピルの吸収障害があった場合
  • 腟外射精をした後
  • 避妊をしない性交後

緊急避妊薬内服後について

内服後は、80%以上の女性が予定生理日の前、または2日後以内に生理様出血があります。
また、95%の方は、予定生理日の7日後以内に生理様の出血があります。

  • アフターピル内服後、性交渉は生理様の出血が来るまで控えること
  • 生理様の出血が、予定生理日より7日以上遅れたり、軽い場合はご来院ください。
  • ※市販の妊娠反応チェッカーを用いることも可能ですが、できればご来院ください。
    ※市販のチェッカーを用いる場合は、妊娠反応に敏感なhCG 25IU(25単位)のものをご使用ください。
    hCG 50IU(50単位)以上のタイプは、性交後3週間以上経たないと妊娠していても反応が出ない場合があります。

経口避妊薬、月経移動のお薬

経口避妊薬の低用量ピル ファボワール

ファボワールはマーベロンの後発品(ジェネリック)のお薬であり、マーベロンと同じ成分です。避妊の為のお薬で、忘れずに正しく服用すれば、卵胞の発育・排卵を抑制し、子宮内膜が厚くなるのを抑えることで、着床を阻害します。

また、おりものの粘性や成分を変化させて、精子を子宮へ届きにくくする働きによって、高い確率での避妊が出来ます。

ピルに含まれる「黄体ホルモン」というホルモンが含まれており、他のピルより比較的副作用が少ないと言えますが、特に服用を始めて間もない頃に、不正出血や乳房の痛み、頭痛、気分不良、吐き気、嘔吐等の症状が出る事があります。

費用

税込2,500円(28日分)

月経移動の中量用ピル プラノバール

プラノバールは元々、黄体ホルモンと卵胞ホルモンを補ってホルモンバランスを整え、月経周期、量の異常などの改善を目的としたものです。
効果が高いため、服用さえ正しくすればほぼ確実に生理を避けられます。
旅行や、イベントなどに合わせて生理を遅らせたり、早めることができます。

ただし、副反応(頭痛、倦怠感、嘔気嘔吐、胸の張りなど)が発現しやすく、希望の期間中に月経そのものは回避できても、体調不良をきたす可能性はあります。

また、短期間でも「血栓症」という副反応が起きる可能性もあります。
血栓症は、その多くが片方のふくらはぎの静脈に血栓ができることで、血管を詰まらせます。それが原因でふくらはぎが腫れ、痛みなどが出ます。
放置すると、血栓が心臓まで到達し、肺の血管あるいは脳の血管まで及ぶと肺梗塞や脳梗塞にもつながる事もあります。
もしふくらはぎの腫れ・痛みが生じた場合はすぐにご相談ください。

生理を早める方法

早めたい場合は、避けたい生理周期の、前の生理の頃にご来院いただく形になります。想定通りに進めば、イベント中にピルを服用せずによくなります。ただ、想定通りに早められない場合、イベントと重なってしまうケースもあります。
順序としては、生理開始の5日目までにピルを服用し、早めたい日の5日前まで飲み続けます。その後4、5日で少なめの生理がきます。ただ、生理が7~10日になることもあるため、イベントまでに来ない場合は、追加でピルを服用し、反対に遅らせる形になるケースもあります。

生理を遅らせる方法

生理を避けたい1週間前までにご来院いただければ、ほぼ確実に想定通り回避できます。ただし、イベント中にもピルを服用しなければなりません。
順序としては、生理を避けたい5日前までに服用しはじめ、イベントが過ぎるまで内服いただきます。その間は生理が来ませんが、もし少量の出血がある場合は、1錠追加服用いただきます。飲み終わってから3~6日で月経が来て、また月経周期が始まります。避妊等にはご注意ください。

費用

税込4,000円(10日分)

脱毛症治療薬

男性脱毛症 フィナステリド0.2

フィナステリドは「抜け毛を減らす」作用があり、AGA治療に効果的な薬です。
日本では2015年12月に厚生労働省から認可を受けました。
思春期以降、体内で5αリダクターゼの働きが活発になり、DHTが過剰に出ると、DHTは髪を作ろうとする毛母細胞の力を妨げようとします。
そのため通常なら2~6年は生えているはずの毛髪が、成長しきる前に抜けて薄毛につながるのです。
フィナステリドは、活性型男性ホルモン:ジヒドロテストステロン(DHT)の合成を抑えます。その為、AGA治療の効果が見込めるのです。
早い方は4ヵ月程度で効果を感じられるようになってきます。
ただし、改善された状態の継続には、続けて服用する必要があります。

また、副作用として、性欲減退、勃起機能不全(ED)、肝機能障害などが挙げられます。
安全性の高い治療薬として評価されており、発生頻度としては低いのですが、異常を感じた際にはすぐにご相談ください。

費用

税込4,000円(28日分)

デュタステリド

デュタステリドとフィナステリドの違いは、AGAを誘因する5α還元酵素に対する効果の違いです。
フィナステリドが、5α還元酵素のⅡ型のみに効果を発揮しますが、デュタステリドはⅠ型とⅡ型両方への効果を発揮します。その為デュタステリドは、より抜け毛予防の効果が高いと言われています。
また、デュタステリドは生え際が後退するタイプのAGAにも効果が期待できます。
側頭部、後頭部、頭頂部などどの部位でも、治療効果を発揮します。
効果が見られるのは服用から2~3か月程度ですが、個人差はあります。
ただ、半年以上経過しても効果が見られない場合は必ずご相談ください。
以下のようなケースが考えられます。

  • 薄毛の原因がAGAではない
  • 用法用量を守っていない
  • (個人輸入の場合)本物でない薬を使用している

また、男性ホルモン抑制薬のため、デュタステリドにも、勃起不全・性欲減退・精液量の減少などの副作用があります。妊活中の方などは服用を控えましょう。

費用

税込6,000円(30日分)

Clinic summary医院概要

診療科目
一般内科、呼吸器・アレルギー内科・消化器科、循環器内科、心療内科、在宅医療、デイケア、婦人科検診、予防接種、健康診断
住所
〒321-4341
栃木県真岡市高勢町3丁目203-1
TEL
0285-80-1000
お支払方法
各種クレジットカード・電子マネーをご利用できます
診療時間 日祝
9:00~12:30
14:00~15:00 -
15:00~17:30 - -

△:予約外来
※:13:00~14:00 予約外来
〇:受付は診療終了時間の30分前までとなります